専門学校卒業後の柔道整復師について

柔道整復師は、町の整体やマッサージとは違い、国家試験を合格した、ひとつの医療分野のスペシャリストです。ですから専門学校を卒業後、町で独立して接骨院の開業という道だけではなく、病院内の、主に整形外科やリハビリ科でも活躍の場があります。整形外科には専門の医師、リハビリ科には理学療法士がいるのではと思われるかもしれませんが、身体機能の回復という面では同様に活躍の場があります。また他にはスポーツトレーナーとしてプロやアマチュアの指導、老人や子供の運動指導という仕事もあります。運動による打ち身や骨折にたいして予防や応急処置は、まさに専門分野となります。またケアマネージャーのように、看護師や介護士などに合格している方が、何年か実務経験を積み、さらに挑戦できる仕事もあります。もちろん町で広く経営している接骨院に勤務する方もいます。

柔道整復師の専門学校は、国家試験を受ける資格を取得できる

柔道整復師の専門学校では、骨や筋肉の動きや働きなどの基本的な知識だけでなく、情報リテラシや英語などの座学や衛生学、関連法規など多くの座学を学ぶ必要があります。また他には解剖学や臨床など実技など実際に人体に触れる授業もあります。そして柔道の実技もおこなわれます。これはもともと、この技術が柔道の技から受け継がれていることが由来しています。学校は3年制度となっており、さらに国家試験に合格して、始めて資格を得ることができますから、学校に通えば資格が取れるということではないことは入学前に肝に銘じておく必要があります。また民間のマッサージとは違い、保険の取り扱いを行うことができ、骨折、脱臼の応急手当という、治療の仕方によっては、後々にも影響を与えかねない行為の許可されている、医療分野の一角を担う資格ともいえます。

柔道整復師の専門学校では、学校によっては鍼灸も学べる

柔道整復師になるには、専門学校で柔道を学ぶ必要がありますが、高い段位が必要になるわけではなく、柔道の技を学ぶことが目的になります。ですから、運動が苦手だからとあきらめる必要はないです。また、似たような資格に鍼灸師という仕事があります。これはハリやお灸を使用して、身体の機能を回復する仕事となります。学校で学ぶ際、多くの共通項があり、学校によっては同時に資格を取ることも可能です。また二つの資格を持っていることで、就職の幅を広げることもできます。似て非なる資格ではありますが、例えばスポーツ選手が脱臼をした場合、その場で応急処置を行い、復帰後、様子を見ながらトレーニングを調整しつつ、マッサージやハリ、お灸で疲労回復や、痛みの緩和を行うことができ、広い分野での活躍が期待できます。