柔道整復師になるために必要な専門学校

柔道整復師とは、急な動作で起きてしまう怪我(スポーツでの怪我・転倒による怪我)や、無理な動作や長時間同じ動作をすることで組織が傷んでしまい、出てくる症状に対して、骨、筋肉、間接、靭帯などに手術を施さない「非観血的療法」によって、治療をすることのできる専門家のことです。一般的にはあまり馴染みのない言葉ですが、整骨院や接骨院、ほねつぎと言われているお仕事のことです。この柔道整復師になるには国家資格が必要で、文部科学大臣認可の専門学校などにおいて、3年以上柔道整復師としての必要な知識や技能を修得した者に、受験資格があります。整体師とよく混同されがちですが、明確な違いがあります。まず柔道整復師は国家資格ですが、整体師は民間の資格です。そして柔道整復師の行う施術は医療行為ですので保険が適用されますが、整体師の施術は医療類似行為になるので、保険が適用されません。

学校の特色を知ることで、自分に合った方法で資格取得ができる

柔道整復師になるには、専門学校や大学・短大などでの勉強が必要です。将来の進路に影響がありますので、その学校選びはとても重要です。柔道整復師の養成施設は、現在全国で100校以上存在します。その中でも、やはり各学校によって資格取得や学び方などにも特色がありますので、自分の生活スタイルに合った学校を選ぶのが得策といえます。柔道整復師の専門学校では、接骨院やクリニックでアルバイトをしつつ、勉強ができるように授業を組んでいる学校があります。たとえば夜間の学校などです。昼間は接骨院などで働いて、授業だけでは得られない経験や知識を得ることができるというメリットがあります。もちろんまだ施術はできませんが、生の現場での経験は卒業後の進路に大きく関わってきます。アルバイト先に、卒業後はそのまま柔道整復師として就職するという選択肢ももちろん生まれてくるわけです。

進路にも影響するので学校選びは慎重に行いましょう。

また、柔道整復師の資格と並行して鍼灸師や指圧師、理学療法士などの他の医療系の資格を取得するためのカリキュラムを組むことのできる学校もあります。ふたつの資格を同時進行で勉強できるため、別々で資格をとろうとすると例えば柔道整復師の資格3年、鍼灸師の資格3年、計6年かかってしまうところを、同時進行なのでふたつの資格を3年で取得できます。また、学費も2倍にならずに済みます。ふたつの資格があれば、当然卒業後の就職先の選択肢も増えます。もうひとつ学校選びで重要なポイントは、合格率と、退学率・留年率をしっかり調べることです。合格率が高いのはもちろんですが、退学・留年が多い場合、学校の環境が整っていない疑いもあります。そのあたりもきちんとチェックして、専門学校を選びましょう。