柔道整復師になりたい人のための専門学校

柔道整復師になりたいと考えたときに、専門学校のことやどのような資格が必要なのかなど、そもそもなりたいと考えていても、簡単になれるような職業なのか疑問になることがあります。まず、柔道整復師とは、簡単に言うと整骨師などと呼ばれています。しかし、手術などの観血的手術で治療するのではなく、柔道の派生から生まれた療法で、捻挫や打撲などを治療します。医師とはまた違った分野になることから、医師免許は必要ありません。そのため、医師のように投薬や手術などの医療行為は行わず、施術のみを行います。捻挫や打撲であれば、一人での施術が可能です。骨折に関しては、医師の指示の元で治療を行えます。今回は、柔道整復師になるためには、どのようなことを学ぶのか、専門学校の費用や取得する資格などを紹介いたします。

柔道整復師になるためには専門学校へ

柔道整復師は医師ではないので医師免許は必要ありませんが、国家資格が必要になります。そのため、通信教育や独学での取得はできません。柔道整復師は、柔道整復師になるための養成所、または専門学校に3年以上か、国が指定した4年制の大学で必要な単位を取得して国家資格を取得する必要があります。ほかにも、柔道から派生から生まれたものですので、柔道も学ばなければいけません。主な科目内容としては、解剖学や生理学、リハビリテーション学など様々な科目を学ぶ必要があります。柔道整復師は、非観血的療法のみの施術ができます。そのため、先ほど書いたものやほかにもたくさん学ぶ必要があります。専門学校は、2年制のところが多いのに対し、柔道整復師の専門学校は3年になり、比較的長期間通う必要があります。

柔道整復師の専門学校の費用、就職先は

柔道整復師になるためには、養成所または専門学校、4年制の大学に通うことが必須になるのですが、どちらへ通うかにより学費は変わってきます。専門学校は、卒業までに300~400万円程度になります。しかし、こちらは平均的な額になりますので、高く設定しているところはもう少し学費の値段は上がります。しかし、鍼灸や指圧師も学びたいと考えている方は、同時に入学を申し込むことにより減額されるケースもあります。また、入学した後に白衣や器材など、学費とは別に3年間で15万円ほどか掛かります。こちらは、学費とは別途になります。就職は整骨院や接骨院、もしくは開業することが多いですが、ほかにも就職先はあります。スポーツトレーナー、リハビリ、整復補助のために整形外科で働くこともできます。